マタニティー期治療・小児歯科

マタニティー期治療

妊娠によって変わる口腔環境に注意しましょう

歯のトラブル女性

妊婦さんは歯周病にかかりやすいという話を聞いたことがありますか?

歯周病菌はエストロゲン(女性ホルモン)を好む性質を持っているため、エストロゲンの値が高くなる妊娠中は菌の活動が活発になります。

また妊娠中はつわりの影響でむし歯のリスクも高まります。吐き気が強い場合は歯磨きが充分にできなかったり、唾液が酸性に傾くことで歯が溶けやすくなったりします。一度に食事をとれない場合は食事回数が増えるため、いつも以上に清潔なお口を維持するよう心がけましょう。

お母さんと生まれてくる赤ちゃんのために

妊婦さん

妊娠中はお口の違和感が気になっても、お腹の赤ちゃんへの影響が気になり治療を受けるのが不安というお母さんも多いでしょう。

当院は妊婦さんとお腹の赤ちゃんの安全を第一に考え、妊娠期間やつわりの症状、体調を考慮して歯科治療を提供しています。

妊娠期から出産後まで、無理の無い治療計画をたててまいりますので、まずはお気軽にご相談ください。

妊娠中の歯科治療は安定期が最適です

妊娠周期

お母さんの口腔環境を整えることは、赤ちゃんの健康を守ることにつながります。

妊娠中はむし歯・歯周病の治療、お口のクリーニングを必ず受けましょう。

治療のタイミングとして最適なのは安定期ですので、妊娠が分かりましたら、まず一度お口のチェックにお越しいただき、治療計画をたてていきましょう。

妊娠初期:妊娠1~4か月頃

妊娠初期はつわりの症状も出やすいので、検査や治療計画、歯磨き指導などを中心に行います。

痛みがひどいなど急を要する場合は応急処置を行いますが、切迫流産のリスクを回避するため、本格的な治療は安定期に入ってから開始します。

妊娠中期:妊娠5~8か月頃

この時期は安定期となりますので、歯科治療を受けるのに大きな問題はありません。特別な症例を除き、レントゲンや投薬など通常の治療を受けることができます。

気になる症状があれば、この時期に治療を済ませておきましょう。メインテナンスも行えますので、ぜひ検診にお越しください。

妊娠後期:妊娠9か月~臨月

妊娠後期はお腹も大きくなり、仰向けでの治療は大変になります。また臨月に入ると急なお産で治療が中断されることもあります。

治療は応急処置程度にし、産後に改めて治療を再開していきましょう。

出産後:

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、思うように歯科医院へ通えないかもしれません。しかし産後も引き続きホルモンバランスの影響で、お口のトラブルが生じやすい状態です。

ご自宅での丁寧な口腔ケアと、4か月ごとの定期健診でお口の健康を守っていきましょう。

赤ちゃんにむし歯菌を移さないために

赤ちゃんとお母さん

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯の原因菌がいないことをご存知でしたか?

むし歯の原因菌は多くの場合、離乳期にスプーンやフォークを共有することで、だ液を介してご家族から感染してしまいます。

ご家族全員がむし歯を治療し、お口を清潔に保つことができれば、赤ちゃんへの感染リスクも下がります。ご家族のむし歯予防は、赤ちゃんが生まれる前からできる「マイナス1歳からのむし歯予防」です。

出産までにしっかりと口腔ケアをして、赤ちゃんを迎える準備をしておきましょう。

小児歯科

お子さんのころから歯科医院に通う大切さ

歯への関心を高めて、むし歯を未然に防ぎましょう

小児歯科

小さなころから歯科医院に通うことはとても大切です。
その子に合ったセルフケアの方法や食生活における注意点などを保護者の方にお伝えしますので、ご家庭と歯科医院で力を合わせてお子さんのむし歯を未然に防いでいきましょう。
成長過程における歯並びの状態や口呼吸の有無など、お子さんの癖などもお知らせいたします。保護者の方もお子さんも、歯への関心を高めていただければ幸いです。

当院における小児歯科

歯科医院に徐々に慣れてもらうことを大切にしています

子どもの笑顔

子どもの頃に恐怖心を覚えると、歯医者が苦手になってしまうケースが少なくありません。

歯医者さんは決して怖い場所ではなく、お口や身体全体の健康を守るために治療を行うこと、歯医者さんは楽しい空間でもあることを分かりやすくお伝えしています。

そして実際にお子さんが怖い思いをしないよう、可能な限り痛みの少ない治療を行っています。

決して無理をさせず、お子さんの気持ちに寄り添い、ゆっくり治療を進めてまいります。

ひとりで診療を受けることで、お子さんも自信が得られやすくなります

子どもの笑顔

お子さんの診療時は、なるべく院長や歯科医師などのスタッフとお子さんのマンツーマンで対話を重ねていきたいと考えています。
保護者の方がそばにいると、子どもはどうしても甘えてしまうもの。ひとりで治療を受けた方がお子さんも達成感や自信を得られます。結果的にその後の治療がスムーズに進む可能性も高まります。もちろん、お子さんのお口の状態や改善方法などは保護者の方にしっかりとお伝えしますのでご安心ください。

小児矯正

子どもの笑顔

お子さんのお口の発育で、むし歯治療と同じくらいご相談が多いのは歯並びに関するお悩みです。

歯並びの治療は早ければ早いほど、理想的な噛み合わせに導くことができます。

気になることがありましたら、まずはお口や顎の発育状況をチェックにいらしてください。

お子さんの成長に合わせた最適な治療を考えていきましょう。

小児矯正の詳細はこちら

歯を守るための定期健診

フッ素塗布

フッ素

フッ素には大きく3つの働きがあります。
フッ素を塗布することで、むし歯治療予防に次にような効果を発揮します。

1. 歯を強くする

フッ素が歯に取り込まれ、むし歯治療に強い(酸に溶けにくい)歯を作ります。

2. 再石灰化を促進する

初期むし歯治療の再石灰化を促し、治癒を助けます。

3.むし歯治療菌を抑制する

むし歯治療菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

歯科医院で使用するフッ素ジェルは、市販のジェルに比べて濃度が高く、効果が出やすいものを使用しています。

濃度の高いフッ素でもごく少量ですので、お身体には無害です。小さなお子さんにも安心してご利用いただけます。

ご自宅でのケアと定期的な歯科医院のフッ素塗布で、むし歯治療になりにくい歯を作っていきましょう。

シーラント

お子さんのブラッシングは、どうしても奥歯の磨き残しが発生しやすく、奥歯がむし歯治療になるケースが多く見られます。

シーラントは、奥歯等の溝にプラスチックのコーティングを行うことで、むし歯治療を防ぐ効果があります。

シーラント

ブラッシング指導

ブラッシング指導は、お子さんにブラッシングの楽しさや、目的を覚えてもらうことから始めていきます。間違った方法を覚えてしまうと、ブラッシングを痛がったり、嫌になってしまうケースもあるため最初の指導が肝心です。

保護者の方には仕上げ磨きについてもお伝えいたします。

ブラッシング指導

042-506-2023

多摩モノレール万願寺駅、日野市ミニバス万願寺駅 徒歩2分

アクセス